ヘアカラー

ふと回りを見ると、ヘアカラーしている方を見かけたり、学生時代にヘアカラーしている方を見かけることがあったんですが、ちょっと良い意味で変わったかな?と思ったことが多々あります。

で、いまさらながらに疑問に思ったのがヘアカラーの明るさというかそういうのはどういう基準でやってるんだろうか、と。

で、美容系ポータルとして有名なホットペッパービューティーで調べるとここのマガジンで興味深いことが分かりました。ヘアカラー選びは明るさ、特にトーンが決めてだという文言です。

大体4トーンから16トーンまでがカラーリングで使われ、4~5トーンが黒髪、15トーン以上になるとブリーチ必須の明るさらしいです。

就職活動、バイト先などで許容される学生さんのトーンは6~7トーン
社会人の場合、社内規定により変動
 ・髪色規定が厳しい:6~7トーン
 ・髪色規定がゆるい:10~11トーン

で、このトーンを決めるときの注意点があって髪の細さ、髪の柔らかさ、色味とのことです。髪が細い場合や髪が柔らかい場合、仕上がりが色が明るく見える傾向にあり、色味は赤味の強い色は暗い印象に仕上がるので、カラーとの組み合わせが重要ということでした。

ヘアカラー一つとっても結構考えることがありますね。